銀座でEMS電気刺激で効果的な筋トレダイエット痩身エステならお任せください
理想の体型、美顔、美尻、バストを科学的医学的根拠で実現します
完全予約制営業時間 9:00〜23:00

足のむくみが痛い!原因や病気のリスク、対策マッサージ法は?

2019年9月20日
  • facebook
  • insta
  • twitter
  • LINE
足 むくみ 痛い 

足は、体の中でも特にむくみやすい部分。

「足のむくみが痛い!」

という場合、全身の血流が滞っている可能性もあります……!

この記事では、健康と美容をサポートする東京のトータルビューティーエステサロン「筋トレエステ銀座」が、足のむくみの原因や病気のリスク、そしてマッサージなどの改善方法をご紹介します!

目次
1.むくみのメカニズム
2.足がむくむ原因
3.足のむくみを解消する方法
4.まとめ:血流促進と水分代謝がポイント

 

むくみのメカニズム

足 むくみ 痛い 

むくみは、血管から水分が染み出し、皮膚と血管の間にある細胞間質液に余分な水分が溜まっている状態のこと。

むくみが起こる主な原因は、血行不良
さまざまな原因で血流が悪くなると皮膚の下の水分量が増えむくみが起こるのです。

うつ病や糖尿病、胃腸、高血圧の薬、ホルモン剤などは、飲むとむくむ可能性のある薬です。
気になる場合、かかりつけの医師に相談しましょう。

また、病気や疾患が関連してむくんでいる可能性もあります。
以下のような場合はすぐに医療機関を受診しましょう。

✔️片方の足だけむくんでいる
✔️むくみが悪化している
✔️突然むくんできた
✔️苦しい呼吸やひどい倦怠感が伴う
✔️発熱が続いている
✔️脈の速さがいつもと違う

むくみが痛いけど大丈夫?

むくみは、通常は痛みを伴いません。

しかし、急にむくんだときは痛みを感じることもあるようです。

ただ、血栓や心不全、腎不全、肝不全の可能性もあるため、痛みがひどい場合やなかなか収まらない場合は、速やかに病院を受診しましょう。

足がむくむ原因

足 むくみ 痛い 

足がむくむのは、何らかの原因で足の筋ポンプ作用の働きが低下することが原因で起きます。

血流が滞ることで血管が炎症を起こし、血液の水分が血管から染み出してしまうのです。
その水分が皮膚の下に溜まってしまいむくみます。

「1日の終わりにむくみを感じる」程度なら問題ありません。
しかし、放っておいてむくみが慢性化すると、静脈瘤、皮膚潰瘍(治りにくい皮膚の欠損)など疾患や病気に発展するリスクが高まるため注意が必要です。

ここからは、足がむくみやすくなる習慣や体の状態をみていきましょう!

原因①長時間同じ姿勢でいる

足 むくみ 痛い 

仕事中や自宅にいるとき、ずっと立っている、ずっと座っているなど同じ姿勢が続いている人は要注意です。

同じ姿勢を長時間キープしていると、地球の重力によって血液が体の下の方で滞ります。
その結果、足に水分が溜まってしまいむくむのです。

1時間に1回はトイレ休憩などで動くのがベストですが、それができない場合は足首をストレッチするなど、可能な限りこまめに足を動かすことが重要です。

原因②水分の過剰摂取

水分を摂りすぎるとむくみの原因になります。
排出が追いつかないくらいの水分補給はNG。

1日に、自分の体重×30mlの水分を補給するのがベストです。
水を飲まないのもむくみの原因になるため、自分にあった量の水分をゆっくり飲みましょう。

ただし、お茶やコーヒーには利尿作用があるため飲み過ぎに注意。

原因③筋肉不足

足 むくみ 痛い 

心臓から足に流れた血液が重力に逆らって心臓に戻るためには、血流を促すポンプの役割(筋ポンプ作用)を担うふくらはぎの筋肉がとても重要

血液を押し戻すという意味で、ふくらはぎの筋肉は「第二の心臓」とも呼ばれます。

つまり、ふくらはぎの筋肉が弱いとポンプの役割が十分に果たせず、血液が停滞しむくんでしまうのです。

原因④過度なストレス

足 むくみ 痛い 

過剰なストレスも、むくみの原因になります。

これは、ストレスで交感神経が優位な状態が続くため。
交感神経が優位になると血管が収縮し、血流が悪くなるのです。

また、ストレスを受けると分泌量が増えるホルモン「コルチゾール」は、水分の排泄を抑える働きがあります。

過度なストレスが原因でむくんでいる場合は、マッサージや運動など物理的な改善方法を同様に、ストレスを発散したりリラックスすることも重要です。

足のむくみを解消する方法

足 むくみ 痛い 

ここからは、むくみを解消する方法をご紹介します。

どれも簡単にできるので、頑張ってするのではなく日常生活に取り入れて習慣にしましょう。

病気や疾患のリスクを下げるためにも、慢性的なむくみを改善してほしいと思います。

適度な運動

足 むくみ 痛い 

ふくらはぎの筋肉不足は、全身の血流を滞らせる原因になります。
ふくらはぎの筋肉(=下腿三頭筋)を鍛えるトレーニングを習慣にして、全身の血行促進を目指しましょう!

【ふくらはぎの筋トレ:かかと上げ】
1.壁を向いた状態で姿勢を正す。足は肩幅に。
2.ゆっくりかかとを上げ、つま先立ちになる。
3.数秒キープしたら、ギリギリ床につかないところまでかかとを落とす。

 

ポイントは、つま先を正面に向けた状態で行うこと!
運動慣れしていない方も簡単にできるトレーニングです。

階段など、段差のあるところに立って行うのもおすすめ。
かかと部分の床がないので、より負荷のかかる「かかと上げ」ができます。

血流が良くなる生活習慣を心がける

普段から、血流が良くなる習慣をつけることが大切です。
体は冷やさないようにして、なるべくちょこまか動くことを意識しましょう。

【血流を促進させる生活習慣】
✔️入浴する
✔️体を締め付ける下着はやめる
✔️露出が多い服装はやめる
✔️ストレスを溜めない
✔️冷たい食べ物・飲み物は口にしない
✔️正しい姿勢をキープする
✔️タバコは控えめに
✔️過度な食事制限はやめる

塩分・アルコールは控えめに

塩分を摂りすぎると、体内の塩分濃度を薄めようとして水分を溜め込んでしまうためむくんでしまいます。

また、厚生労働省は1日の食塩摂取量を男性8g、女性7g未満としています。
塩分が多い食品はなるべく避けるようにしましょう。

【塩分が多い食品】
・ウインナーやハムなどの加工食品
・ラーメンやうどん
・インスタント味噌汁

 

また、アルコールを飲むと喉が乾きますよね。
結果的に過剰に水分を摂ってしまうことになり、むくみの原因になるためアルコールはなるべく控えめに。

飲むとしても、ハイペースで飲まずゆっくり楽しみましょう。

マッサージ

足 むくみ 痛い 

血流を良くするマッサージも効果的です。

ポイントは「心臓がある方向に向かって手を動かす」こと。

ふくらはぎは下から上へ血液が流れることをイメージしてさすりましょう。

【ふくらはぎマッサージ①】
1.座った状態で、片足をもう片方の足の太ももに乗せる
2.太ももの上に乗っている足を手でぐるぐる回す
3.反対側も同様に行う
【ふくらはぎマッサージ②】
ふくらはぎを、足首からヒザの方向に両手で優しく揉みあげる

 

飲酒後のマッサージは、アルコールの循環を良くする可能性があるため注意しましょう。
仕事の休憩中などにやってみてくださいね。

むくみ対策用のタイツは?

足 むくみ 痛い 

ドラックストアなどで、「足のむくみを解消する」とうたわれるタイツが販売されていますよね。

「着圧ソックス」とも呼ばれますが、これらはリスクがあることを知った上で活用しましょう。

より確実な方法を選択したいという意識の高い方は、医療用の「弾性ストッキング」がおすすめ。
うっ血症状を改善し、肺血栓塞栓症を予防する目的で使用されるものです。

通販等で手に入れることもできますが、血管外科の先生に適切なソックスを教えてもらうのがおすすめです。

※注意

・締め付けが強いと逆にむくみを悪化させることがあります。
・締め付けが30mmHg以上の着圧ソックスは、負担がかかりうっ血したり、動脈硬化を引き起こす可能性があります。
・伝染したりなど劣化したソックスは、着圧のバランスが崩れ変なところに圧力がかかりよくありません。
・素材にシリコンやウレタンが使われているものは皮膚炎になるリスクもあるため、肌の弱い人は注意しましょう。
・着圧ソックスや弾性ストッキングは妊娠中の方、動脈血行障害がある方、急性外傷、急性創傷、糖尿病などの病気、疾患がある方が使用するのは危険です。

 

着圧ソックスについて詳しく知りたい方はこちらをご覧ください!

>着圧ソックスは効果なし?むくみ / 痩せる効果や正しい履き方を解説!

まとめ:血流促進と水分代謝がポイント

足 むくみ 痛い 

むくみを改善するために重要なのは、以下の2つ!

①血流をよくすること
②余分な水分を排出すること

これらが十分に機能する体を手に入れるためには、日々の生活の積み重ねが大切です。

また、心当たりがある原因(筋肉不足や過度なストレス、アルコール摂取など)がある場合は、原因をピンポイントで改善してみましょう。

「筋肉不足だけど、なかなか運動をする時間が取れない……」というあなたには、EMSがおすすめ!

寝ているだけで、足の筋肉を鍛え筋ポンプ作用を強化。
横になっているだけでむくみにくい足を作ることができます。

また、当エステではあなたの体質や性格タイプ、ストレスレベルに応じてオーダーメイドのトータルビューティープログラムを作成。

最適なマシンを組み合わせて、あなたが理想とする体型・体質に導いてまいります。

まずは、お気軽にお問い合わせくださいませ。

>ご相談・お問い合わせはこちらから

ウェブ限定のお得なコースもご用意しております!