銀座でEMS電気刺激で効果的な筋トレダイエット痩身エステならお任せください
理想の体型、美顔、美尻、バストを科学的医学的根拠で実現します
完全予約制営業時間 9:00〜23:00

「乳がん予防にマッサージがいい」は本当?マッサージ方法も解説

2019年9月10日
  • facebook
  • insta
  • twitter
  • LINE
乳がん 予防 マッサージ

女性の30〜64歳の死亡原因は、乳がんがトップということをご存知でしたか?

日本では、11人に1人の女性が乳がんになると言われています。

遺伝的にがんの兆候がある人もそうでない人も、女性なら乳がん予防は人ごとではありません。

特に、下の項目に当てはまる人は乳がんにかかるリスクが高いと考えられています。

✔️初潮年齢が11歳以下だった人
✔️出産経験がない30歳以上の人
✔️初めての出産が30歳以上の人
✔️閉経が55歳以上だった人
✔️タバコを吸っている
✔️1日2杯以上アルコールを摂取する
✔️野菜をほとんど食べない
✔️赤身の肉を週3以上食べる
✔️血縁者にがんになった人がいる

 

がんは予防すれば、かかるリスクを下げることができます(あくまで予防ですが…)。

また、早期ガンは90%以上の確率で治るとも言われます。
しかし、「何気なく触ってしこりに気づいた」段階では、がんが進行している可能性が高いのです。

特に乳がんになりやすい兆候がある人は、早期発見できるようにマッサージを含めた自己検診を習慣にすることが重要です。

この記事では、運動で乳がんを予防する方法を提案する「筋トレエステ銀座」が、乳がん予防とマッサージの関係についてお伝えします。

目次
1.乳がん予防にバストマッサージは効果ある?
2.乳がん予防のバストマッサージ法(自己検診)
3.乳がん予防のために運動をしよう

 

乳がん予防にバストマッサージは効果ある?

乳がん 予防 マッサージ

そもそも、マッサージそのものに乳がんを予防する力があるとは考えられていません。

ただし、マッサージを習慣にすることで自己検診の機会が増え、乳がんができたとしても早期発見に繋がりやすいというメリットがあります。

また、女性がバストマッサージをするメリットはいくつかあります。

✔️バストの形を良くする
✔️デコルテが綺麗になる
✔️首・肩こりが改善する
✔️上半身のボディラインが綺麗になる

マッサージをすることで、バスト周囲の血流が促進されます。
すると新陳代謝が促進され、バストを支える乳腺の発達をサポートしてくれるのです。
乳腺が発達すると、その周りに脂肪がつくためバストアップが期待できます。

また、血流が良くなることで老廃物が流れやすくなり、むくみや脂肪が蓄積しにくい体に。
見た目がスッキリし、首や肩のこりも改善してくれます。

乳がんの手術を受けた人が、リハビリとしてリンパのマッサージを行うこともあります。

乳がん予防のバストマッサージ法

乳がん 予防 マッサージ

乳がん予防のバストマッサージとは「早期発見のための自己検診」のことです。

自己検診で重要なのは、見て、触って、しぼって確認することと覚えておきましょう。

自己検診を習慣にすると同時に、1年に1回は検診を受けることが早期発見に繋がります。

また、豊胸施術をしている場合は自己検診では見つけづらい可能性もあります。
豊胸施術をしていても検診は受けられるので、病院にその旨を伝え定期的に検診を受けましょう。

STEP1.まずは見て確認

乳がん 予防 マッサージ

バストマッサージの前に、まずは目でバストを見て確認しましょう。
裸で大きめの鏡の前に立ち、通常時のバストから変わったことはないか確認します。

《“見て”確認するときのポイント》

①あらゆる角度からバストを見る
②手を上げたり、腰に当てた状態で見る

 

正面から、横から、上から、とあらゆる角度からバストを確認したら、今度は手を下げた状態、上げた状態、腰に当てた状態のバストも確認しましょう。

✔️大きさや形に変化がある
✔️皮膚にへこみやくぼみ、膨らみがある
✔️乳頭(バストトップ)にただれやかさぶた、湿疹がある

上に当てはまる場合は、速やかに乳がん検診を受けましょう。

STEP2.マッサージをしながらしこりを確認

乳がん 予防 マッサージ

見て確認したら、次はバストをさわって確認します。

触って確認する自己検診は月に1回行うことが推奨されていますが、バストマッサージは毎日行っても問題ありません。

《“さわって”確認するときのポイント》

①必ず優しく触る(強く押すのは❌)
②広範囲にチェックする
(乳がんができるのは乳房だけでない)
③乳がんを早期発見するためにも継続する

 

バストは、脂肪と乳腺でできています。

▼バストの構造
乳がん 予防 マッサージ

脂肪は刺激されてしまうと燃焼されてしまうため、強く押したりして必要以上に刺激するのはNG。
綺麗な形のバストを目指すなら、必ずゆっくり優しく触りましょう。

また、乳がんの発生場所は45%が外側の上部です(下の図参照)。

▼乳がんができやすい部位

乳がんは乳腺にできるがんのことで、乳腺は乳房よりもずっと広範囲です。

膨らんでいるバスト部分だけでなく、鎖骨から助骨まで、ワキの下も注意して触ってみましょう。

バストマッサージ方法

①指の腹を使って、乳房を内側からくるくる軽く押す
乳がん 予防 マッサージ

②確認し忘れがないように、さまざまな方向からマッサージ
乳がん 予防 マッサージ

バストサイズが大きい方は、横になった状態で触るとしこりが見つかりやすいケースもあります。

>バストアップのためのマッサージ法はこちら

◆乳がんの自己検診用グッズ「チェリーケア・グローブ」

乳がんの自己検診に、チェリーケア・グローブを活用してもいいでしょう。

チェリーケア・グローブは、指先の感覚を敏感にする自己検診用の手袋。
さわって自己検診するとき、しこりに気付きやすくするためのものです。

乳がん 予防 マッサージ
画像出典:KirariBeauty

乳がんの発見を保証するものではありませんが、乳がんにかかる兆候のある方は活用しても良さそうです。

STEP3.バストトップをしぼって確認

すべての乳がんにしこりができるとは限りません。
その場合、乳頭(バストトップ)に異変が起こることがあります。

乳頭をつまみ、分泌物があるか確認してみましょう。

《“しぼって”確認するときのポイント》

①乳頭の根元を優しくつまんで絞る
②ブラジャーの内側に分泌液のシミがないかもチェック

 

✔️血液が混じったような分泌物がある
✔️黄色っぽい分泌物がある

上記のように分泌液が出ていることを確認したら、速やかにがん検診を受けましょう。

乳がん予防には運動がいい

乳がん 予防 マッサージ

がんにおいて早期発見は非常に重要ですが、生活習慣を改善することで予防することもできます。

動物性脂肪食品は控えめに、野菜と果物をよく食べるなど食生活を改善するとともに、運動の習慣をつけることでがんを予防することが可能です。

国立がん研究センターにより、週3日以上運動をしている女性は、月3日以下の女性に比べ乳がんにかかる割合が低かったことが報告されています。

トータルビューティーエステ「筋トレエステ銀座」は、

✔️遺伝子的にがんの兆候がある方
✔️乳がんを予防したい方
✔️運動が嫌い、何らかの事情でできない方

上記の方向けに「乳がん予防コース」をご用意しております。
乳がんに関するエビデンスをもとに、EMS※等のマシンを使い寝ているだけで効果的にトレーニングができるコースです。

科学・医療の知識豊富なエステティシャンが、お客様の体質や性格タイプ、ストレスレベル、生理周期を把握し、乳がん予防に最適なプログラムを作成いたします。

自己回復力・免疫力を上げ、美しいだけでなく健康な体に導いてまいります。

>ご相談・ご不明点はこちらからお問い合わせください
(お手数ですが、お問い合わせ内容に「乳がん予防コース」とご相談内容をご入力くださいませ)

※EMSとは……
EMSとは、Electrical Muscle Stimulationの略で「電気筋肉刺激」を意味します。
肌に貼り付け、電気刺激を筋肉に与え動かすことで、普通に運動するよりも効率的に筋肉トレーニングができる機器のことです。
EMSとは?効果や注意点

 

当エステのプログラムをお得に体験できるコースもご用意しております。
ぜひご利用くださいませ!

↓ご予約はこちらから

(お手数ですが、ご希望内容に「美脚・美尻体験コース希望」とご入力くださいませ)

参考

がんかなと思ったら』(岐阜県がん情報センター)
乳がん自己触診』(大阪がん循環器病予防センター)
おっぱい健康法4つの柱』(日本マンモセラピー協会)
余暇運動と乳がん』(国立がん研究センター)