銀座でEMS電気刺激で効果的な筋トレダイエット痩身エステならお任せください
理想の体型、美顔、美尻、バストを科学的医学的根拠で実現します
完全予約制営業時間 9:00〜23:00

痩身エステとジム、痩せる効果が高いのはどっち?併用してもいい?

2019年9月15日
  • facebook
  • insta
  • twitter
  • LINE
エステ ジム 痩せる

「絶対にダイエットを成功させたい!」
「でも、痩身エステとジムどっちが効果出やすいの?」

そんな疑問を解決するために、トータルビューティーエステサロンの「筋トレエステ銀座」が、痩身エステとジムの違いや選び方について中立的な立場からご紹介します!

キーワードは「自分にあった場所に通い続ける」こと。

また、痩身エステとジムを併用するメリットとデメリットについてもお伝えします。

目次
1.痩身エステとジムの違いを理解しよう
2.痩身エステとジムを併用するメリットとデメリット
3.痩身エステとジムの選び方・通い方
5.絶対結果を出したいなら「オーダーメイド」

 

痩身エステとジムの違いを理解しよう

エステ ジム 痩せる

痩身エステとジムは「どっちの方が効果が高い」と言い切れるものではありません。

あなたの目指す体型や性格タイプ、通える頻度等によって、より効果が出やすい方が決まります。

まずは痩身エステとジムの違いを知り、自分にはどちらが合っていそうか検討してみましょう。

痩身エステ ジム
費用相場 1回およそ20,000円 月額およそ10,000円
通う頻度 1週間に1回〜2週間に1回程 1週間に1回程
食事制限の必要性
(サロンによってしなくていい場所もある)

(必要)

 

痩身エステのメリット&デメリット

エステ ジム 痩せる

まずは、痩身エステに通うメリットとデメリットを確認しましょう!

◆メリット

・部分痩せが出来る
・運動が苦手でも筋トレができる
・自分の体験や太り方に合ったプログラムでアプローチできる
・食事や生活習慣のアドバイスがもらえる
・体重や体脂肪率など自分の体に詳しくなれる

最大の特徴は、部分痩せができる点です。

人間は、自然な運動で部分痩せをすることはできません。
しかし痩身エステなら、脂肪を分解してくれるマシンを使うことで気になるところを狙って細くすることができます。

また、肌をボコボコさせてしまうセルライトも、運動ではなかなか落ちません。
痩身エステならセルライトにもアプローチすることが可能です。

また、エステならお客様はベッドで横になっているだけ。
運動が嫌いな人や、何らかの事情で運動ができない人も効率よくダイエットすることができます。

◆デメリット

・コースやサロンによって高額な費用がかかる
・痩身エステ選びが難しい

痩身エステは、費用やサービスのクオリティはサロンによってさまざまです。

自分の求めるクオリティと経済状況にマッチするサロンを選ばないと、後々後悔することになる可能性もあります……。

美容師さんとは違い、エステティシャンに必須の資格はありません。
アルバイトが対応している可能性もあり、そのようなサロンで有料レベルのダイエット・美容情報を得るのは難しいかも。

結果を出すために、サロンをよく見極めて選ぶことが重要です。

>騙されない!プロが教える痩せる「痩身エステ」の選び方

ジムのメリット&デメリット

エステ ジム 痩せる

一方、ジムにはどんなメリットとデメリットがあるのでしょうか。

◆メリット

・運動が好きな人はストレス解消にもなる
・運動している人がたくさんいるのでモチベーションが上がる
・筋トレ以外にもヨガやピラティスなど教室が開かれていることがある
・場所によってはお風呂やサウナが併設されている
・市区町村が運営しているジムなら安く利用できる
・出会いがあるかも……?

まず、運動が好きな人はジムに向いています。
嫌嫌運動するのと、楽しんで運動するのとでは目に見える結果も違うからです。

痩せるためには継続が必須。
そもそも好きでないと継続できないので、「運動が好きかどうか」が最大のポイントになるでしょう。

また、筋トレやジョギング、ウォーキング以外にも、ジムによってはヨガ教室や水泳、ピラティスができるところも。

趣味で楽しみたい人にもおすすめです。

◆デメリット

・部分痩せはできない
・セルライトを落とすのも難しい
・鍛えたいところが鍛えられず体のバランスが崩れる可能性がある
・ウェアなどを用意する必要がある

ジムを選ぶ上で悩むのが、パーソナルトレーニングジムに通うか、そうでないジムに通うかという点。

筋トレは正しく行わないと、思ったところと違うところに筋肉がついたりと、体のバランスが崩れがちです。

そのため運動初心者の方なら、パーソナルトレーニングジムで個人的に筋トレや運動の方法を教えてもらうのがベスト。
しかし、パーソナルトレーニングジムはそうでないジムより費用が高いことがほとんどです。

また、女性が負荷のかかる運動をできるのは、月経周期の中で排卵期だけです。
負荷の高い運動を継続して行うと、子宮に負担がかかることがあります。

適度な運動ならホルモンバランスや自律神経の安定に高い効果を発揮しますが、やりすぎは禁物です。

目標設定を無理して運動するのも、ストレスに繋がり美容や健康に悪影響を及ぼす可能性があります。

痩身エステとジムを併用するメリットとデメリット

エステ ジム 痩せる

中には、痩身エステとジムを併用する方もいらっしゃるようです。

そもそもエステのマシンには、運動と併用することで高い効果を発揮するものがいくつかあります。

エステとジムを併用するメリット

エステ ジム 痩せる

脂肪を分解する効果が認められているマシン「ナール517」でも、魔法のように脂肪をそっくりそのまま消してくれる訳ではありません。

施術後、有酸素運動をすることで血流が促され、分解された脂肪が老廃物として排出されやすくなるといわれています。

そのため、痩身エステで施術を行った後、3〜4日以内に有酸素運動を行うおすすめ。
そうすることで、より痩身エステの効果を実感することが可能です。

もちろん、ジム以外でウォーキングや水泳を行うのでもOKです。

エステとジムを併用するデメリット

エステ ジム 痩せる

痩身エステとジムを併用すると、時間もお金もかかってしまいます。

どちらも継続することで高い効果を実感できるため、どちらかに集中した方がいいかもしれませんね。

どちらも並行して継続する余力がある方は、痩身エステに定期的に通い、施術後にジムで有酸素運動を、排卵期に少し負荷の高い運動をしましょう。

また当「筋トレエステ銀座」は、運動が嫌いな方や、持病などの事情があり運動ができないお客様にも多くご利用いただいております。
お客様の事情に配慮して、最大限効果が出るプログラムを作成いたします。
「痩身エステ以外で運動はしたくない」という方も安心してお越しください。

痩身エステとジムの選び方・通い方

エステ ジム 痩せる

正しく自分にあったところを選ばないと、せっかく料金を払っても理想の体型になれない可能性もあります。

痩身エステとジム、共通して以下のチェックポイントに○がつくか確認してみましょう。

✔️食生活など生活習慣のアドバイスをしてくれるか
✔️通いやすい立地にあるか
✔️継続できる料金か

ダイエットを成功させるためには、自分がより効果を出せそうな方に通うのがおすすめです。

これまでご紹介したそれぞれのメリットとデメリットを参考に、自分にあった方を選んでみてくださいね。

絶対結果を出したいなら「オーダーメイド」

腰回り ダイエット 寝ながら

「確実に痩せたい!」と思うなら、エステもジムもオーダーメイドを選ぶのが圧倒的におすすめ!

現在の体型から理想の体型を目指すためのアプローチは、人それぞれ違うからです。

当エステでは、

現在の体型・体質・お悩み・理想の体型・ストレスレベル・生理周期

などをカウンセリングで伺い、あなたの理想の体型までの最短アプローチ法をご提案いたします。

↓Web限定のお得なコースはこちら

(お手数ですが、「美脚・美尻」体験コース希望」とご入力いただけますとスムーズです。)

こちらでメニューをご確認いただけますが、メニュー内容や通う頻度、料金もあなたに合わせてオーダーメイドに設定いたします。

>ご相談・ご不明点はこちらからお問い合わせくださいませ

使用するマシン

当「筋トレエステ銀座」で使用する主なマシンはこちらです。
[筋トレエステの導入マシン一覧はこちら]

◆EMS

EMSとは、効率的に筋肉トレーニングができる機器のことです。
インナーマッスルを鍛えることで体が引き締まるほか、血行促進効果も。
血流が促進されると、シミやたるみの改善が期待できます。
EMSの効果を詳しく見る

 

◆脂肪分解ナール(ソニックスリム)
今注目されている脂肪分解マシン。使用16回目でウエスト-10cm、週3回3ヶ月の使用で太もも-5cmなど驚きの結果が報告されています。

 

◆ラジオ波
冷えを解消し、お尻のたるみや下垂を解消。話題の筋膜リリースも可能です。