銀座でEMS電気刺激で効果的な筋トレダイエット痩身エステならお任せください
理想の体型、美顔、美尻、バストを科学的医学的根拠で実現します
完全予約制営業時間 9:00〜23:00

寝ても寝ても疲れが取れない……改善方法は睡眠・食事・運動そしてセルフケア!

2019年9月18日
  • facebook
  • insta
  • twitter
  • LINE
寝ても疲れが取れない

✔️イライラする
✔️寝ても疲労感が抜けない
✔️そもそも熟睡できない
✔️サプリや栄養ドリンクに頼りがち

そんな方は、疲労感が溜まり過ぎているかも……!

疲れが溜まりすぎると脳卒中や心筋梗塞のリスクが高まったりと、死のリスクを高めることにもなるのです。

精神的にも影響を及ぼし、早く疲れを解消しないと人生が大きく変わってしまう可能性さえあります。

そんな 寝ても寝ても取れない疲れを解消するために、この記事ではトータルビューティーエステ「筋トレエステ銀座」が、疲労度チェックと健康的に疲れを取る方法についてご紹介します!

目次
1.疲労度チェックをしてみよう
2.サプリメントや栄養ドリンクの効果
3.取れない疲れを解消する方法
4.運動・ライフスタイルの改善は筋トレエステで

 

疲労度チェックをしてみよう

寝ても疲れが取れない

まずは自分がどれほど疲れているのかセルフチェックしてみましょう。

✔️ずっと眠い気がする
✔️イライラする
✔️不安や憂鬱になることが多い
✔️集中できない
✔️起床後も疲労感が残っている
✔️朝方に起きることが多い
✔️疲れていてもジムやヨガに行く
✔️なんだか体調が優れない
✔️ちょっとしたミスが多い
✔️仕事の時間が不規則
✔️残業が多い
✔️家でもくつろげない

以上に当てはまる項目が多いほど、ストレスレベルが高いということになります。

本当にただの疲れ?病気の可能性は…

寝ても疲れが取れない

自分の疲労感を「ただの疲れ」と思っていても、何かの病気の症状によるものかもしれません。

例えば、以下の病気や疾患は、症状として慢性的な疲労を感じることがあります。

・自律神経失調症
・貧血
・低血圧
・栄養不足
・心疾患、肺疾患
・内分泌ホルモンの乱れ(糖尿病、甲状腺機能低下症、更年期障害)
・うつ病や不安障害

疲れなかなか取れない場合や、日常生活に支障をきたしている場合は、早めに病院を受診されることをおすすめします。

また疲労度チェックテストの項目を見て気づいた方もいるかもしれませんが、疲れると現れる症状は生理期間や更年期の症状と似ているものもありますよね。

女性は、男性よりも自律神経がデリケートで脆弱なのです。
自律神経は、ストレスとも深い関わりのある器官。
過度のストレスを受けると胃が痛くなったり頭痛が起きたりするのは、 内臓のコントロールを担っている自律神経が反応している証拠です。

少しのストレスは自律神経のバランスを整えてくれるため、悪いものではありません。

「ストレスがなければいい」ということではなく、バランスが重要なのです。

取れない疲れを解消する方法

寝ても疲れが取れない

ここからは、なかなか取れない疲れを解消する方法をご紹介します。

疲れを解消するためには、以下の4つが特に重要!

①適度な運動
②睡眠
③食事
④好きなことをすること

日常的に肉体的な疲れと精神的な疲れの両方を取ることが、とても大切です。

詳しく見ていきましょう 。

適度な運動

寝ても疲れが取れない

日本人労働者を対象とした研究では、うつの傾向が少ない人は、そうではない人に比べて、スポーツやドライブなどアクティブな趣味を持っている人が多いことがわかっています。

逆に疲労感の強い人は、インドアな趣味が多く運動する頻度が少なかったとか。

運動自体がストレスにならないよう、ウォーキングやストレッチなどの負担のかからない強度の運動をするのがおすすめ。

質の良い睡眠

寝ても疲れが取れない

食事や運動で疲れにくい体を作れても、蓄積された疲れを癒してくれるのは睡眠だけです。

✔️いびきをかいている
✔️寝つきが悪い
✔️夜中や朝方に何度も起きる

という場合は、疲れが取れない睡眠をしているかもしれません。

以下のことを心がけて、質の良い睡眠を取れるよう心がけましょう。

ポイントは、寝る2時間前ほど前から副交感神経が優位になるように行動することです。

・PC、スマホは触らない
・心拍数が高くなるような運動はしない
・なるべく部屋を暗くする
・食事はしない
・熱いお風呂に入らない
・アルコールを摂取しない
・夕方以降に昼寝をしたりコーヒーを飲むことはしない
・カフェインが配合されている薬やドリンクは飲まない
・劣化しているマットレスや枕は買い換える

バランスの良い食事

寝ても疲れが取れない

✔️食事の量や栄養が少なすぎる
✔️摂取した栄養をエネルギーとして利用できていない
✔️摂取する栄養が偏っている

という場合、疲労感を感じる可能性があります。

6大栄養素をバランスよく摂れる食事を意識して、エネルギー代謝やスタミナに関わるビタミンを積極的に摂取していきましょう。

6大栄養素・・・脂質、糖質、タンパク質、ビタミン、ミネラル、食物繊維のこと。

脂質、糖質は主食のお米やパン、麺類から、タンパク質は主菜の肉や魚から、ビタミン、ミネラル、食物繊維は副菜の野菜や豆類、汁物から摂取するのがおすすめ。

◆精神的なストレスにおすすめの食材

寝ても疲れが取れない

疲労回復におすすめの栄養素は、タンパク質やビタミンC、B群、そしてマグネシウムはカルシウムです。

それぞれの栄養素が入っている食材をご紹介します。

①タンパク質
私たちの体がタンパク質でできているため、食事をする上でとても重要な栄養素です。運動した後の筋肉の疲労回復、免疫機能を向上してくれる働きがあります。1回の食事で、手のひらサイズのタンパク質のおかずを食べると良いとされています。
例えば、手のひらサイズのお肉やお魚などです。たんぱく質が多く含まれている食材:魚介類、肉類(牛肉、鶏肉、豚肉)、卵、豆腐、豆類(アーモンド、黒豆、枝豆)など

 

②ビタミンC
ストレスを受けると、自律神経の関係で血流が悪化。そして血流が元に戻る時に「活性酵素」が発生します。活性酵素は老化の原因にもなるため、抗酸化作用のある栄養素を摂って活性酵素の働きを抑えるようにしましょう。ビタミンCには抗酸化作用があります。
また、ストレスを感じると分泌されるホルモンの材料にもなるため、ストレス過多の方は必須の栄養素です。ビタミンCが多く含まれている食材:果物類(いちご、柑橘類)、青汁、野菜(パプリカやブロッコリー)など

 

③ビタミンB群
ビタミンB群は、摂取した栄養素を分解し活動するためのエネルギーとして利用するために必須の栄養素です。
ビタミンB2とビタミンB6は代謝に関わる重要なビタミン。
ビタミンB1とビタミンB12は、脳や神経の働きを維持するために重要な栄養素です。ビタミンB群が多く含まれている食材:レバー類、さんま、カツオ、たらこなど

 

④マグネシウムとカルシウム
マグネシウムは、不足すると生活習慣病にかかりやすくなると言われるミネラル。
マグネシウムもカルシウムも、気分を落ち着かせてくれる働きがあるため「疲れてイライラしたり怒りっぽくなる 」という方には特に積極的に摂取してほしい栄養素です。マグネシウムが多く含まれている食材:野菜、魚、芋類、豆腐、納豆などカルシウムが多く含まれている食材:さくらえび、干しひじき、チーズ、小松菜、豆腐など

◆サプリメントや栄養ドリンクの効果は?

寝ても疲れが取れない

普段の食事でこれまでご紹介した栄養素が十分に取れない場合は、サプリメントに頼るのも一つの手段です。

ここまでご紹介した疲労回復におすすめの栄養素が含まれているサプリメントを探してみましょう。
ただし、サプリメントの併用はあまりおすすめしません。
逆に同じ栄養を摂り過ぎて不調をきたす可能性もあるので、マルチビタミンなど1種類で多くの栄養素を取れるサプリメントがおすすめ。

また、栄養ドリンクに関しては、なるべく飲むのを避けた方が良さそうです。
医学部外品ではなく清涼飲料水として売られている、レッドブルやモンスターエナジーなどのいわゆるエナジードリンクも同様です。

市販されているこういったドリンクには糖質とカフェインが多く入っており、過剰摂取を引き起こす可能性があります。

2017年には、アメリカでモンスターエナジーを飲んで死亡してしまった当時14歳だった少女の親が裁判を起こしました。

「風邪をひいてしまった時」「今日だけは頑張りたい!という時」などここぞという時だけにして、毎日飲んだり日常的に利用するのは避けましょう。
また、飲む日でも1日1本までにしてください。

栄養ドリンクを常用している方は、栄養ドリンクがなくても大丈夫な生活に改善できるよう食事や運動、睡眠を心がけましょう。

自分なりのストレス解消法を持つ

寝ても疲れが取れない

疲れを癒すための基本である「睡眠・運動・食事」が改善されてきたら、ストレスにも目を向けましょう。

精神的な疲れは肉体的な疲れを呼び、その逆もあります。

運動とストレス発散を合わせて、好きなスポーツを行ったり、料理や読書など、追求できる趣味を持つのがおすすめ。

自分が興味が湧くものを積極的に追いかけてみましょう。

運動・ライフスタイルの改善は筋トレエステで

腰回り ダイエット 寝ながら

当筋トレエステ銀座では、完全オーダーメイドであなたのお悩みを解決に導き、理想の自分になるためのお手伝いをいたします。

「結果重視」の完全オーダーメイド制で、あなたの体質やストレスレベル、目標とする体質や体型に合わせてあなたのためだけに最適なプログラムを作成いたします。

この記事を読んでくれたあなたにおすすめのメニューはこちら!

>睡眠負債予防コース

>リラクゼーションコース

>「スペシャルオーダー」専門コース

料金はこちらからご覧いただけますが、料金もオーダーメイド制を採用しております。
あなたの経済状況や通える日数などに応じて、カウンセリングでのご相談を通して最適な費用を決定いたします。

まずは、こちらからお気軽にご相談・お問い合わせくださいませ。

>ご予約はこちら

また、Web限定のお得なコースはこちらからご利用いただけます。


(お手数ですが、ご希望内容に希望のコース名をご記載いただけますとスムーズです)

参考

働く人の疲労蓄積度チェック(働く人用)』(厚生労働省)
働く人の疲労蓄積度チェック(家庭支援用)』(厚生労働省)
疲労回復の頻度03 程度な運動』(東京医科大学)