銀座で効果的なEMSボディメイクならお任せください
理想の体型、美顔、美脚美尻、バストアップを科学的根拠で実現します
完全予約制(当日予約変更可)営業時間 6:00〜23:00

EMSが肩こり腰痛に効く!?理由と選び方、おすすめの低周波治療器をご紹介

2019年11月22日
  • facebook
  • insta
  • twitter
  • LINE
肩こり腰痛 ems 低周波治療器

ダイエット目的に使われるイメージが強いEMSですが、肩こりや腰痛の緩和に特化したマシンもあります。

肩こり腰痛を家庭用EMSで癒すことができたら、マッサージや整骨院に通う手間なくコスパもいいですよね。

この記事では、EMS専門の痩身エステ「筋トレエステ銀座」が、肩こり腰痛にお悩みの方に向けてEMSについて解説します!

そもそもEMSとは……
EMSとは、Electrical Muscle Stimulationの略で「電気筋肉刺激」を意味します。
肌に貼り付け、電気刺激を筋肉に与え動かすことで、普通に運動するよりも効率的に筋肉トレーニングができる機器のことです。
EMSとは?効果や注意点

 

目次
1.肩こり腰痛にEMSは効く?
2.肩こり腰痛に効果的なEMSの使い方
3.肩こり・腰痛の改善におすすめの家庭用EMS
4.まとめ:低周波治療器は肩こり腰痛に効く

 

肩こり腰痛にEMSは効く?

肩こり腰痛 ems 低周波治療器

EMSを使うことで、肩こり・腰痛の改善は期待できます

ただし、EMSはマシンによって効果が違います。

例えば、多くの痩身エステに導入されているインナーマッスルまで届くタイプのEMSであれば、

・筋肉を鍛えることで血流が良くなる
・インナーマッスルが鍛えられ姿勢が良くなる

という理由から、肩こりや腰痛の緩和が期待できます。

また、家庭用に肩こり腰痛の改善目的で販売されている「低周波治療器」は、筋肉を鍛えるのではなく筋肉のコリをほぐす仕様のため、マッサージ効果があり痛みを和らげることができます

EMSと低周波治療器どっちを選べばいいの?

一般的に市販されている肩こり腰痛を和らげるマシンは「低周波治療器」です。

EMSも低周波治療器も電気刺激を与えることには変わりありませんが、「電気の流れ」や「どこまで入るか」が違います。

低周波治療器は家庭用EMSとも呼ばれ、マシン代の初期費用と替え用のパッド代のみで自宅で毎日使うことが可能です。

一方EMSは、全身の血流を良くしたりインナーマッスルが鍛えられることで、肩こり腰痛の緩和だけでなく健康な体を目指せるというメリットが。

ただしダイエットを目的とした家庭用EMSを肩こり腰痛のために自己流に使うのは避けましょう。
EMSを好きな場所に貼って使うと、思わぬ健康被害を引き起こす可能性があります。

毎日のケアとして使いたい場合は家庭用の低周波治療器を、しっかり体を整えて改善したい場合は筋トレエステや整骨院でEMSを入れるのがおすすめです。

肩こり腰痛用の低周波治療器を選ぶポイント

肩こり腰痛 ems 低周波治療器

EMSは、体に電気を与えることで健康にする機器です。

エステや整骨院で知識を持っているプロが入れるなら安心ですが、家庭用EMS(ここでは低周波治療器)の場合は、間違えて使うと様々な健康被害を引き起こす可能性があります。

実際に、主に通信販売で購入できる家庭用EMSからの健康被害の報告が出ている状況です。

肩こり腰痛を改善するためにEMSを選ぶ時のポイントをお伝えします。

◆肩こり腰痛改善目的のEMSを選ぶ

肩こり腰痛 ems 低周波治療器

肩こり腰痛を緩和させる目的で開発されたEMSを使いましょう。

EMSは周波数と電気の流れ方が重要。
肩こり腰痛用に作られているマシンは、肩こり腰痛の痛みに合わせて開発されているためです。

また、ダイエット用のEMSを肩や胸のあたりに自己流に貼るのは危険です。

特に胸のあたりは心臓が近いため、家庭用EMSは使ってはいけないことになっています。

もしその他のEMSをお持ちの方で肩や腰に使いたい場合は、まずはメーカーに問い合わせしてみましょう。

◆替え用のパッドが入手しやすいか

肩こり腰痛 ems 低周波治療器

家庭用EMSの場合、3週間から1ヶ月程でパットを交換しなければなりません。

時間が経って衛生的でないものや、粘着力が落ちているパッドを使うと、やけどや痛みの原因になります。

マシンを買ったはいいけど、交換するパットを簡単に入手できなければ続けるのが難しくなってしまいますよね。

それでは家庭用EMSの魅力の1つであるコスパの良さが発揮されないので、購入するEMSのパットが入手しやすいか確認しておきましょう。

◆健康被害の恐れはないか

肩こり腰痛 ems 低周波治療器

前述の通り、健康被害の報告もある家庭用EMS。
やけどなど体への悪影響が起こってしまう原因としては、メーカーの説明が不十分なため、使用方法を間違ってしまうことが挙げられます。きちんと取説は準備されていても使用者が使用ルールを守らないという現実もあるようです。

購入したら説明書をじっくり読んで使用方法通りに使うことはもちろん、メーカーの商品に健康被害の報告がされていないか、口コミをリサーチしてみるといいでしょう。

ただし、持病をお持ちの方、妊産婦、または妊娠の可能性がある方はまず医師へ相談してから購入を検討してください。日本の法律上、健康美容のトップは医師免許保持者になります。世界的にみたら医師ではないのですが日本国家は医師会の意向に沿った運営方法を優先している現状があるだけですので広い視野で物事をとらえるようにすることも重要です。

当筋トレエステ銀座には、関節痛、動脈硬化、喘息、パニック障害の方もEMSを入れボディケアをしています。ダイエット目的でEMSを利用されている方々も多いのですが、EMSの本来のチカラをフルに感じ取りたい方は、EMS専門の知識と経験がある電子治療器取扱技術者がいるトータルビューティーサロンを選択されると良いでしょう。

医療・美容の知識が豊富なプロのエステティシャンが、お客様の体の状態をみてEMSを入れるため、不安な方も安心です。

>筋トレエステ銀座をもっと知りたい方はこちら

肩こり・腰痛の改善におすすめの低周波治療器

ここからは、肩こり腰痛の方におすすめの家庭用低周波治療器をご紹介します!

◆低周波治療器 HV-F010 肩いーきもち

肩こり腰痛 ems 低周波治療器
画像引用元:オムロン

オムロンから出ている肩専用の低周波治療器です。

3,200円(税別)という価格に加え、約10cm×6cmというコンパクトな大きさも◎

ただ替え用のパッドは2枚で4,000円なので、ランニングコストとしておよそ1ヶ月に4,000円かかります。

◆オムロン コードレス低周波治療器 HV-F602T

肩こり腰痛 ems 低周波治療器
画像引用元:オムロン

大きめのサイズが特徴的なこちらのEMSは、スマホの専用アプリからコントロールすることができます。

腰をカバーできる大きさのEMSが2つセットになっているので、1つは腰に、1つは肩に使うこともできます。

筋肉疲労に特化した商品で、整骨院に導入されプロアスリートも使う「マイクロカレント」仕様。

パッドのランニングコストは1か月4,000円です。

◆低周波治療器 HV-F013 ホワイト

肩こり腰痛 ems 低周波治療器
画像引用元:オムロン

こちらも、肩・腰に使える低周波治療器です。

国際疼痛学会定義されている痛みを和らげる周波数(50Hz~100Hz Conventional波形)を採用。

パッドは水洗い可能で、およそ300回繰り返し使うことができます。

◆オムロン電気治療器HV-F9520医療機器認証番号220AGBZX00027A01

こちらも、肩・腰に使える電気治療機器です。

深部治療波形と温熱治療が1台でできてしまう優れもの。

◆パナソニック高周波治療器コリコラン

こちらも、肩・腰に使える電気治療機器です。

1日ずっとコリ治療といううたい文句で販売されている商品です。仕事中に目立たなく使えるタイプとしてはアマゾンレビューでも高評価なのでオススメですがあくまで口コミは個々の評価ですので使ってみないとわからないはず。興味があったらまず使ってみるというのをオススメします。百聞は一見に如かずというのが健康美容のお決まりルールです。

◆イトーESPURGEエスパージ

こちらも、肩・腰に使える電気治療機器です。

医療従事者向けの製品になりますが電気治療の種類が豊富で専門的な知識があれば驚きの商品なのですがマニアック向けといったところです。

◆伊藤超短波AT-mini personal

こちらは、マイクロカレントの電気治療機器です。

マイクロカレントとは、世界トップ選手が使う微弱電流を使う昔から存在する電気治療の代表格です。微弱電流療法(MENS)と言われており、人間の体に流れている生体電流に似た微弱電流でマイクロカレント療法は、約20年前に登場して世界で注目を浴びています。有名なサッカー選手ベッカムが治療に取り入れて話題になりました。現在では、各スポーツ選手のケガや痛みの治療に使われ驚異的な治療効果が報告されています。

豆知識ですが、電流療法で最も効果的なのが「直流電流」なのです。しかし効果以上に火傷などのリスクが高く日本をはじめ世界の一部でも認可されていません。安全性と効果性の確保のために多くの学者が電流の研究を行い開発されたのが「微弱電流」なのです。マイクロカレント療法は、最大約5秒間のパルス幅で直流電流を極限まで再現し、電気は流れているがほぼ無感覚ながら、治療効果が大きく世界中の整形外科やスポーツ団体、治療家に採用されています。

電気刺激療法に興味をもった方のためにもう少し掘り下げて説明しますね。微弱電流療法(MENS:Microcurrent Electrical Neuromuscular Stimulation)は、低出力の電流を流す治療法です。なので睡眠時間の間ずっと使用している方がいます。まさしく睡眠時間の有効活用という意味では投資効果は高いですね。忙しい方にこそ、オススメです。国内には色々なメーカーさんが存在ますが睡眠時間を活用したボディメンテは日本人向けかもしれません。

◆イトーレーター電位・温熱組み合わせ家庭用医療機器イオシーナα(管理医療機器・医療機器認証番号231ACBZX00010000)

こちらは、頭痛・肩コリ・腰痛・慢性便秘に効果が期待できる電気治療機器です。

現在、メーカー側でも生産がおいつかない程の人気のようで電気刺激療法マニアの間では手放せない代表機器になっています。睡眠時間を有効活用したい方向けのオススメの電気治療器です。

まとめ:低周波治療器は肩こり腰痛に効く

EMSはマシンによって周波数や電気の入り方が違い、一般的に言う「家庭用EMS」とは低周波治療器であるケースが多いです。専門用語でいうと電流刺激療法と言います。

低周波治療器は、肩こり腰痛の改善にぴったり

自宅で毎日使えるので、痛みを和らげたい方やその日の疲れを癒したい方にぴったり。

ただし、体が健康でない方の使用や自己流に使うことは危険なので注意しましょう。

それでは、なぜEMSや低周波、電流刺激療法を銀座で専門サロンとして運営することにしたのか?

理由は簡単です。正しい情報を必要としている女性にわかりやすく伝えたいと思ったからです。

代表の雪下拓也は、国際エステティック協会のグローバルライセンスをもつ日本ではまず少ない男性エステティシャンであり、電子治療器取扱技術者でもあります。

近年、大手エステティックサロンでも低周波やEMSを導入したダイエットプログラムが当たり前になってきました。しかし提供者側にも正しい知識をもった人材不足は課題のひとつです。例えば、筋トレエステ銀座とよく比較されるのがミスパリ社やスリムビューティーハウス社ですが正しい知識をもったトータルビューティーアドバイザー育成にはどこも力を入れていますがまだまだ専門的な知識までの教育プログラムは行っていないのが現状です。

このページが少しでも現場で働くエステティシャンの方々の知識習得のきっかけになってもらえたら嬉しいです。また、これからEMSや低周波など電気を使ったケアに取り組もうとされている方々に安心してご利用いただけるような情報を提供できたらと思っています。

最後に、電気と私たちの関係と電流刺激療法について

私たちの細胞は、ひとつひとつ電気を帯びています。冬などよく静電気が発生しやすくビリっと嫌な体験をされる方々も多いかと思います。私たちの体は、神経が網の目のようになっていて電気的な働きによって感覚器官から情報を脳に伝えいるのです。また、脳からの指令を伝えるのも電気的な働きによるものです。医学的には生体電流ともいわれますが、電気的性質をもつ人体に神経電流と似た電流を与えると体が反応して、体の働きを高めたり回復させることができます。これを電流刺激療法といわれ、EMSや低周波が多く使われているのです。

日本の法律では、電気的刺激は低周波という名前で統一されていますが、最近では様々な電流刺激が開発されています。

低周波は「知覚神経」に作用させるのに対して、EMSは「筋肉」に作用させる違いについて簡単に説明します。

低周波(TENS)は、知覚神経に対して「痛みの緩解」を目的に作用させるので知覚神経からそれた電流が筋肉に作用して「ぴくぴく」と動くけれども筋肉の強縮運動は起きず「糖・脂肪の燃焼作用」はほとんど皆無です。

EMS電流は、筋肉中の運動神経に働きかけて「筋収縮」をさせるため、筋肉に効率よく作用する「特定周波数」と筋収縮を可能にする「通電・休止時間」の概念を満たした方法です。痛みが多少あるのですが認知症の人は痛くないというデータが存在します。理由は医学的な説明になるためここではあえていたしません。

ここまで説明すると必ず「中周波」の質疑があるため、簡単に説明すると、中周波そのものは、筋トレとは無関係で皮膚抵抗を下げて、体内に電流を運ぶための搬送波であるということです。筋トレに適した周波数は、低周波の周波数帯域になります。

ここまで説明してしまうと「干渉波」の質疑があるため、簡単に説明すると、干渉波はオーストリアのHans Nemec(ハンス・ネメック)氏によって中周波を重ねて干渉域(ビート周波数)に1~100Hzを発生させて治療に用いることが考案されました。もう少し簡単に説明しますと、皮膚抵抗を低くするため中周波電流で体に電気を流します(搬送電流)。異なる周波数の搬送電流を流して体内で干渉域を作り出すことで広い範囲で深部の筋肉運動を実現させることができます。近年のEMSは干渉波が多いかもしれません。本来は直流電流の方が効果が高いのですが日本では禁止されているため電気を体内でどう利用するか技術開発を行っている企業も日本にはまだまだ少ないですが存在しているというのが現状です。

代表的な電流療法の種別

1. 直流(Direct Current)

2. 微弱電流(Microcurrent Electrical Neuromuscular Stimulation)

3. 高電圧刺激(High Voltage Pulsed Current)

4. テンズ(Transcutaneous Electrical Nerve Stimulation)

5. 電気筋肉刺激(Electric Muscle Stimulation)

6. ロシアン筋刺激(Russian Current)

7. 中周波電流(Medium Frequency Current)

8. 高周波電流(High Frequency Current)

9. 干渉波電流(Interferential Current)

10. 立体動態波電流(Stereo Dynamic Current)

銀座でボディメイクは筋トレエステ銀座にご相談ください

当「筋トレエステ銀座」は、あなたの健康と美容をトータルサポートする唯一無二の存在になれるようどこよりも全力でサポートします。

✔️持病や体質
✔️体のクセ
✔️ストレスレベル
✔️生理周期
✔️理想とする体型や体質
✔️性格タイプ

など、カウンセリングを通してあなたのことを詳しく知った経験豊富な雪下拓也が、あなたのためだけのオーダーメイドプログラムを作成いたします。

「肩こり・腰痛を改善したい」
「自律神経を整えて仕事もプライベートも頑張りたい」

どんな悩みもご相談ください!

▼こちらのページで初回限定のお得なコースもご案内しております。現在、1か月限定のエビデンスモニターを募集しています。この機会に自身を向き合ってみませんか?きっと自分を少しは好きになって信じられるようにもなれるはずです。
>筋トレエステ銀座のコラムはこちら