銀座でEMS電気刺激で効果的な筋トレダイエット痩身エステならお任せください
理想の体型、美顔、美尻、バストを科学的医学的根拠で実現します
完全予約制営業時間 9:00〜23:00

ウエストが痩せない!それ「メタボ」かも?判断基準と ダイエット方法、リスクを解説

2019年9月14日
  • facebook
  • insta
  • twitter
  • LINE
メタボ ウエスト

「お腹が目立ってぽっこり出ている」

もしかするとそれは、メタボかもしれません。

いわゆるビール腹と呼ばれる「内臓脂肪型肥満」は「メタボリックシンドローム」と呼ばれ、死に関わるさまざまな病気の原因になることがあります。

「メタボは女性より男性に多いって言うけど……」

確かにそうなのですが、日本では5人に1人がメタボ、またはその予備軍と言われています。

この記事では、東京銀座の痩身エステ「筋トレエステ銀座」が、メタボの基準と原因、メタボの人のダイエット方法についてお伝えします!

目次
1.そもそもメタボの基準とは?
1-1.メタボと肥満は違う
1-2.メタボかどうか判断する方法
1-3.内臓脂肪が多いと起こりうること
2.メタボになる原因
3.メタボの改善方法(ダイエット法)
3-1.メタボのダイエット法【生活習慣編】
3-2.メタボのダイエット法【運動編】
3-3.メタボのダイエット法【食事編】
4.筋トレエステ銀座とは

 

そもそもメタボの基準とは?

メタボ ウエスト

メタボとは「メタボリックシンドローム」のことで、「内臓脂肪症候群」とも言われる病態の一つです。

そもそも「症候群」とは、いくつかの症状が伴っている状態のこと。
メタボの場合は、以下の症状が合わさっている状態です。

✔️皮下脂肪より内臓脂肪が多い「内臓脂肪型肥満」
✔️中性脂肪が高くコレステロールが低い「脂質異常症」
✔️空腹時の血圧が110mg/dL以上の「糖尿病」の手前段階
✔️最高血圧が130mmHg以上、最低血圧が85mmHg以上の「高血圧症」の手前段階

健康診断で以上のことに当てはまると「メタボ」と診断され、食事療法や運動療法をする必要があります。

メタボと肥満は違う

メタボ ウエスト

「メタボ」も「肥満」も太っている状態には変わりありませんが、この2つは別のものです。

そもそも脂肪には「皮下脂肪」と「内臓脂肪」があります。

皮膚の下につく脂肪のことを「皮下脂肪」と呼び、腸の周りにつく脂肪のことを「内臓脂肪」と呼びます。

「皮下脂肪」が多いと、ウエストからお尻、太ももが太くなるのが特徴。
「内臓脂肪」の場合は、ウエストを含む上半身が太くなるのが特徴です。

日本の場合、BMIが25以上になると肥満です。

しかし、メタボの場合、BMIだけでは判断できません。
前述の通り、内臓脂肪が多いだけでなく、血圧や中性脂肪、コレステロールの量により判断されます。

お腹周りが太いからといって「メタボとは限らない」ということです。

メタボかどうか判断する方法

メタボ ウエスト

メタボは見た目では判断することができません。
メタボの疑いがある場合、どのように判断したらいいのでしょうか。

◆ウエストサイズを測ってみよう

メタボは内臓脂肪が多い状態なので、ウエストが太くなります。

日本では、女性の場合、ウエストが90cm以上あるかどうかがメタボの判断基準の一つです。

90cm以上ウエストがあると、内臓脂肪型肥満の可能性が高くなります。
しかし、他の条件(中性脂肪やコレステロール、血圧)が満たされなければメタボにはなりません。

◆心配ならCTスキャンで内臓脂肪検査を

より精密に調べたい方は、CTスキャンで内臓脂肪検査をする方法があります。

CTスキャンによる内臓脂肪検査では、お腹の断面図の画像を撮影し内臓脂肪の体積を分析して「内臓脂肪型肥満」かどうか判断します。

内臓脂肪が多いと起こりうること

メタボ ウエスト

あなたは、日本人が死亡する三大原因をご存知ですか?

・悪性新生物(がんなど)
・心疾患(心臓病など)
・脳血管疾患(脳卒中など)

以上の3つが三大原因なのですが、メタボは、このうちの「心疾患」と「脳血管疾患」を引き起こす可能性を高めるてしまいます。

それは、メタボが動脈硬化を進行させると言われているから。

「心疾患」と「脳血管疾患」は、血管が硬くなり詰まりやすくなる「動脈硬化」が引き金で起こる病気です。

内臓脂肪が過剰に蓄積されると、高血圧や高血糖、脂質異常が起こります。
これらは血管の細胞に傷をつける原因となり、その傷から悪玉コレステロールが侵入。
その結果、血管細胞の壁にコレステロールが蓄積されていきます。

血管を守る分泌物「アディポネクチン」の量も低下し、血栓ができると血管を塞ぎ、心筋梗塞などが起こるのです。

▼健康な血管に血栓が出来ていく様子
メタボ ウエスト

メタボは、死のリスクを高める動脈硬化の原因になるということ。
そのためメタボの疑いがある方は、動脈硬化を促進させる喫煙は、まずやめることをおすすめします。

メタボになる原因

メタボ ウエスト

では、どうしてメタボになってしまうのでしょうか。

その原因を簡単に言うと、「過食」と「運動不足」です。

過食
・・・体に必要以上の食べ物を食べること。
主な原因はストレスやダイエットのリバウンド。
体に余計な文の栄養素は脂肪として蓄積されてしまう。

運動不足
・・・ 運動の習慣がない人や、自宅でほとんど動かない人は要注意。
厚生労働省によると、毎日、1日1万歩以上歩くのが理想。

 

メタボを解消したいからといって、窮屈な食事制限や過度な運動は必要ありません。

自分に必要な部分の食事と運動を継続することが最も重要といえるでしょう。
メタボと診断された場合にも食事療法や運動療法を行います。

まだメタボにはなっていない方も、病気や疾患のリスクを下げるために早めから健康的なダイエットを行ってメタボ対策を進めることをおすすめします!

メタボの原因になる「夜食症候群」

メタボ ウエスト

また、メタボになる原因として「夜食症候群」という症状が挙げられます。

夜食症候群とは、夜遅い食事が習慣化してしまった結果、メタボの原因となる高血圧や高血糖、 脂質代謝異常を引き起こしやすい状態になることです。
これは夜遅い食事が、食欲を抑える分泌物「レプチン」などの働きの衰えや、体の代謝の乱れの原因となるため。

寝る前にラーメンやお茶漬けを食べたり、晩酌と一緒におつまみを食べる方は要注意です。

しかし夜食症候群は、夜型の仕事をしている方などライフスタイルにより改善しにくいもの。
仕事中(早めの時間)に食事ができる状況を作ったり、夜はあまり食べず朝ごはんをしっかり食べる生活にシフトすることが体のために有益です。

メタボの改善方法(ダイエット法)

メタボ ウエスト

ここからは早速、メタボリックシンドロームの改善方法(ダイエット法)をご紹介します!

メタボの原因は「過食」と「運動不足」でした。
つまり、過食と運動不足を解消する生活に変えればいいということです。

今まで、たくさん食べたり運動しない生活を送ってきたからこそ、その生活を改善するのは難しいかもしれません。

しかし、メタボは「なかなか改善するのは難しい」で済む状態ではありません。
何より、死のリスクが高まっているのです。

「周りの人のために少しでも健康的に長く生きたい」
「健康的に生きて長く好きなことをしていたい」

そんな人間の基本的な要求を胸に、生活を改善してほしいと思います。

これまでたくさんメタボのリスクをお話ししましたが、生活を改善すればこれらのリスクは下げることが可能です。

簡単な方法のご紹介するので、ぜひ実践してみてくださいね。

メタボのダイエット法【生活習慣編】

メタボ ウエスト

メタボ改善したいけどいきなり運動を生活に取り入れるのは難しい……

そんな方は、日常生活ですぐに行っていることから改善していきましょう。

◆生活リズムを整えよう

人間は通常、夜に眠くなり朝に目覚めます。
これは人間の体に体内時計が備わっているからなのですが、

✔️週末に寝だめしている
✔️いつも違う時間に寝たり起きている
✔️寝る前の3時間以内に食事をとっている
✔️朝食を食べていない

上記のような生活を送っていると、体内時計が乱れてしまいます。
体内時計の乱れは腸内環境の悪化の原因となり、肥満につながるのです。

仕事などライフスタイルの関係で改善が難しい方もいるかもしれませんが、なるべく同じ時間に寝て同じ時間に起きるようにしましょう。

◆質の良い睡眠をとろう

睡眠時間が短いと食欲が増幅したり、体内時計が乱れることがあります。

早稲田大学と花王株式会社による共同研究によると、睡眠時間が7時間の人と3.5時間の人を比較した結果、睡眠時間が短い方は食欲を抑制してくれるホルモンが低下、さらに体内時計の乱れたとのことです。

なるべく、7時間くらいの睡眠時間を確保するようにしましょう。

メタボのダイエット法【運動編】

メタボ ウエスト

脂肪を燃焼させるために運動は必須です。

ポイントは自分に合った運動量を行うこと。
運動量が少なすぎると意味がなく、多すぎても体に負担になります。

「少しキツイ」位を目安に有酸素運動と筋トレを取り入れましょう。

運動する前に、ウォーミングアップを行うことを忘れずに。

◆有酸素運動をしよう

有酸素運動には脂肪を燃焼させる効果があります。
また、インナーマッスルを鍛えること体が綺麗に引き締まる効果も。

おすすめの有酸素運動とポイントはこちら↓

・ウォーキング
ポイント:じんわり汗をかくまで行いましょう。一日の合計で一万歩を歩くのが理想。より効果を高めたいなら食前に行うのがおすすめ。

・サイクリング
ポイント:できれば、電動自転車より普通の自転車がおすすめ。姿勢を正して行いましょう。

・水泳
ポイント: 辛ければ水中歩行から始めてみましょう。行なった後の体の冷えには注意。

 

◆筋トレをしよう

有酸素運動とセットで筋トレを行います。

筋トレをすると体が大きくなってしまうのではと思うかもしれませんが、女性の場合は筋肉がつきづらいので心配ありません。

筋肉を効果的に鍛え肥大化させることで、基礎代謝を上げ脂肪を溜めにくい体に。

食事をした後すぐの筋トレや、寝る前3時間以内の筋トレは避けましょう。

また、筋トレをすると筋肉に負担がかかり破壊されます。
破壊された筋肉が回復してから筋トレを行うのが効果的という「超回復理論」に乗っ取り、2日か3日おきに行うのがおすすめです。

・腹筋
①仰向けに寝る
②ヒザを曲げる
③重いもの(水を入れたペットボトルやダンベルなど)を胸の前で持って、上体を起こす

・背筋
①うつ伏せで寝る
② 重いもの(水を入れたペットボトルやダンベルなど)を首の後ろで持って、上体を起こす

・スクワット
①立ち、足を肩幅くらいに軽く開く
②息を吸いながら、床と太ももが平行になるまで腰を下ろす。
(ポイント:ヒザがつま先より前に出ないように注意)
③息を吐きながら、ゆっくりと元の状態に戻る。

 

筋トレは、回数よりも正しいフォームで行うことが重要です。
ゆっくり丁寧に呼吸しながら行うことを心がけましょう。

◆EMSで寝ながら筋トレ

「忙しくて運動する時間がない」
「運動が嫌いなのでしたくない」
そんな方のために、当エステでは寝ながらでも運動ができる方法をご提案しています。

高級ベッドに寝ているだけでOK。
当エステに導入されている安全なEMS(電気刺激マシン)を体に取り付け、全身の筋肉を普通に運動するよりも効率的に鍛えます。

運動がしたくてもできない動脈硬化や喘息のお客様にも利用していただき、体の変化を実感頂いています。

お客様の要望に応じて、メニューの内容や金額をご提案いたしますので、ぜひお気軽にご提案くださいませ。

メタボを改善して健康的な体に導くだけでなく、理想の体型を目指すお手伝いもさせていただきます。

Web限定のお得なお試しコースはこちら↓

メタボのダイエット法【食事編】

メタボ ウエスト

ここからはメタボ改善のための食事方法をご紹介します。

◆食生活を改善しよう

食事の内容も重要ですが、食事の時間や量などの食生活も肥満の原因になります。

心がけてほしい食生活のポイントは以下の通りです。

✔️お腹が空いたら食べる
✔️八分目で食べるのをやめる
✔️夜遅くに食べない
✔️1日3食を心がける
✔️完食は控えめに
✔️朝食をしっかり食べる

自分のストレスにならない範囲で、できそうなことから習慣にしていきましょう。

◆控えた方がいい食品

正しい食事制限ダイエット!美しく痩せる食べ物とは」でもご紹介している通り、健康的な食事は主食・主菜・副菜が基本です。

しかしこれを実現するためには、食事の量を増やさないといけなかったり実践している方は時間がかかったりと難しいこともあるかもしれません。

その場合は、メタボを促進させる「食べない方がいい食べ物」を避けることから始めてみてはいかがでしょうか?

体重や脂肪の増加の原因になる食品

・アルコール
・乳製品
・お菓子類
・果物
・砂糖いっぱいのジュース

 

これらの食品を絶対に食べてはいけないということではありません。
たまに食べるぶんには良いのですが、食事や運動を通して身体が正常になると、砂糖いっぱいの食品や加工物などのジャンキーなもの体に悪いものは自然と食べたくなくなることもあります。

食べたくなったときは、自分がさらに太った時の状況や病気になるリスクを思い出してみると食欲がおさまることもあるのでやってみてくださいね。

◆AGEを避ける

メタボは動脈硬化の原因になると伝えしましたが、「AGE」もメタボの原因となります。

動脈硬化のリスクは避けるためにも、AGEを避けた食生活を行いましょう。

糖質や脂質は過度に摂取すると肥満の原因になりますが、人間に必要なエネルギーなので全くとらないのはNG。

一方でAGEは、なるべく避けた方がいい物質です。

AGEが多く含まれる食品

・焼いたり揚げたり高温調理されたもの
・ベーコンやソーセージ
・焼きマグロ
・焼き鮭
・食パン
・バターなど

 

また、AGEは肌老化を促進させる働きもあります。
詳しくはこちらの記事をご覧ください。

>アンチエイジングケアが叶う「食べ物」と「飲み物」|年齢肌悩みの原因から解説

筋トレエステ銀座とは

当「筋トレエステ銀座」は、東京・銀座にある完全オーダーメイドのトータルビューティーエステサロンです。

EMSやラジオ波、ナールなどの高機能な痩身マシンや、大手のエステサロンにも多数導入されている光美容マシンなどを使用し、あなたのためだけのオーダーメイドプログラムをご提案いたします。

「メタボ改善・骨盤矯正」専門コースでは、あなたの体型や目指す体の状態、ストレスレベルや現在の生活習慣をカウンセリングでお伺いしたのち、あなたにぴったりのプログラムを独自に作成。

Web限定のお得なコースもご用意しておりますので、「まずはEMSを試してみたい」「自分のオーダーメイドのプログラムを聞いてみたい」という方はお気軽にご予約くださいませ。

参考URL

「体内時計」が糖尿病・メタボに影響 「時間生物学」が注目されている』(日本生活習慣病予防協会)

寝不足と肥満の密接な関係(?)明らかに メタボ予防のためにも、きちんと睡眠を』(一般社団法人日本健康倶楽部)

【脱メタボ】運動と食事改善で効果的に内臓脂肪を減らそう!』(shop japan)

食事を見直してメタボリックシンドロームを予防しよう!』(つくば総合健診センター)