銀座でEMS電気刺激で効果的な筋トレダイエット痩身エステならお任せください
理想の体型、美顔、美尻、バストを科学的医学的根拠で実現します
完全予約制営業時間 9:00〜23:00

【ウェルネスNEWS】ビタミンB6、B12の摂りすぎが股関節骨折のリスクを上げる!?

2019年10月7日
  • facebook
  • insta
  • twitter
  • LINE
「ウェルネス NEWS」って?
女性の健康と美容をサポートする筋トレエステ銀座のコラム編集部が、ウェルネス(=健康かつ美しい暮らし)を叶える最新ニュースと参考になる情報を高頻度で更新します。

 

本日のウェルネスNEWSは健康予防の観点から、ビタミンB6とビタミンB12と股関節骨折の関係についてお伝えします!

筋トレエステ銀座のコラムでも、美容や健康にいい成分としてご紹介しているビタミンB6やB12。

骨粗しょう症予防にもなるとして知られていましたが、2019年5月「JAMA Network Open」に掲載された論文では「ビタミンB6、B12の過剰摂取は股関節骨折のリスクを上げる」との結論に至りました。※出典(日経Gooday)

研究の対象は、アメリカの閉経した女性7万5864人。
1984年6月から2014年5月までの約20年間の追跡調査が行い、食事とサプリメントからの摂取量と健康状態が調べられました。

研究の結果、ビタミンB6とB12を推奨量より摂取している人は、股関節骨折を経験することが多いということがわかったとのことです。

具体的なビタミンB6とB12の摂取量は、以下の通りでした。

【アメリカで推奨されている摂取量】
ビタミンB6・・・1.3~1.7mg
ビタミンB12・・・2.4μg

【骨折者の平均摂取量】
ビタミンB6・・・3.6mg
ビタミンB12・・・12.1μg

食事、サプリメントからの摂取が多かったグループに比べ、そうでないグループの方が骨折のリスクが少なかったとのこと。

ちなみに、日本での推奨量は以下の通りです。

ビタミンB6・・・1.6mg
ビタミンB12・・・2.4μg

ビタミンB6とB12を過剰摂取することでなぜ骨折のリスクが上がるのか、その理由はまだ明らかになっていません。

筋トレエステ銀座コラム編集部の解説

この結果から言えることは、サプリメントからの過剰摂取には気をつけたいということ。

「ビタミンはどれだけ摂っても大丈夫!」と間違った認識でサプリを併用する人もいますが、以上のことからも過剰摂取が健康に悪い影響を与えることがあります。

ビタミンには水溶性ビタミンと脂溶性ビタミンがあり、それぞれの特徴は以下の通りです。

水溶性ビタミン 水に溶ける性質があり、脂溶性ビタミンより比較的早く尿として排出される。
脂溶性ビタミン 脂質に溶ける性質があり、肝臓や脂肪組織に蓄積され健康に害を与えることがある。

上記のことから「水溶性ビタミンならどれだけ摂っても排出されるから大丈夫」という情報も出回っているようです。

しかし、今回取り上げたビタミンB6、B12は水溶性ビタミン。
美容のために積極的に摂る人が多い水溶性ビタミンの1つ「ビタミンC」も、過剰に摂取すると下痢や発疹、胸焼けの症状が出ることがあります。

まとめ

健康と美容のためには、必ず摂っておきたいビタミン類。
しかし、頑張って摂りすぎると、むしろ健康に悪影響です。
サプリから摂る場合は、必ず1日の推奨量を把握した上で摂取しましょう。

・サプリの併用はNG!
・ビタミンは、できる限り食事から摂る
・6大栄養素をバランスよく食べよう

関連記事

>アンチエイジングケアが叶う「食べ物」と「飲み物」|年齢肌悩みの原因から解説

>食事ダイエットで“健康的に”痩せる!今すぐできる15のルール

>正しい食事制限ダイエット!美しく痩せる食べ物とは

>美容にいい食べ物って結局なに?管理栄養士が伝える美しくなるための食事

出典

1.『ビタミンBとり過ぎた女性 股関節骨折リスク上昇』(日経Gooday)

2.『 サプリメントの過剰摂取に気をつけよう』(T-PEC)

3.『ビタミンの概要』(MSDマニュアル 家庭版)

4.『リウマチ・骨粗鬆症外来』(東大阪病院)