銀座で効果的なEMSボディメイクならお任せください
理想の体型、美顔、美脚美尻、バストアップを科学的根拠で実現します
完全予約制(当日予約変更可)営業時間 6:00〜23:00

エステでEMSをする効果とは?自宅でするEMSとの違いも解説!

2019年5月6日
  • facebook
  • insta
  • twitter
  • LINE
EMS 自宅

「痩せたいけど、大変な思いはしたくない!」

そんな悩みはありませんか?

そんな方の間で今話題なのが、痩身エステなどに導入されている「EMS」。

この記事では、プライベート痩身エステ「筋トレエステ銀座」がEMSの効果について詳しく説明します!

>寝ながら筋肉を鍛える「EMS」とは?効果や注意点、家庭用とエステ機器の違いは

目次
1.そもそもEMSとは
2.美意識の高い女性に話題!「EMS」の気になる効果
3.美脚・美尻を目指す!EMSがセルライト改善にもおすすめ
4.自宅用EMSマシンとエステ通いはどっちがいいの?
5.エステで導入されているEMS機器

 

そもそもEMSとは

EMSとは、Electrical Muscle Stimulationの頭文字を取ったもの。

筋肉に電気刺激を与えることで、筋肉がつきにくい部分も運動させることができるマシンです。

もともとは医療用器具として開発され、低周波を流してリハビリ効果を得たり、体の痛みを和らげたりするために用いられていました。

しかし、筋肉に電気刺激を与えることで筋力トレーニングと同じような効果があると認められるようになり、現在では効率的に体を鍛えたい人やダイエットをしている人たちに広く普及しています。

EMSなら運動の効率がアップ

本来、インナーマッスルは筋トレでは鍛えにくく、専門的な知識がなければ効率的に鍛えることはできません

ところが無意識に筋肉を刺激できるEMSでは、自分の意思では動かせないインナーマッスルなどの筋肉まで鍛えることができま

そのため、運動不足を解消したい人や体を引き締めたい人などから、手軽に効率よく筋肉を鍛える方法として注目されているのです。

美意識の高い女性に話題!「EMS」の気になる効果

EMS ダイエット 効果

EMSは、美意識の高い女性たちの間で広く活用されていま

その理由はなんなのでしょうか?

理由の一つは、生理痛や冷え性、更年期障害など女性が抱えがちな不快な症状を、EMSにより和らげることができるからです。

女性の体はとても繊細で、周期的なホルモンバランスの乱れによりさまざまな不調を感じることがあります。
ひどい生理痛や冷え性などはすぐに改善しにくく、長い間悩んでいる人も多いでしょう。

EMSを使うと、内臓や骨盤などの周りにあるインナーマッスルが鍛えられることで正しい位置に矯正され、健康な体を目指せます。

体が本来持っている免疫力や回復力を高めることで、さまざまな不調を改善する効果が期待できるのです。

また別の理由として、運動や筋トレが苦手な人や、運動をするとすぐに疲れてしまう人でも簡単に筋肉を鍛えられるとも挙げられます。

EMSは、ジムで行うようなハードなトレーニングを自分でする必要がなく、横になったまま筋肉運動が可能です。
そのため、体力に自信がない人や筋肉量が少ない人も無理なくトレーニング効果を得ることができます。

アレルギーやぜんそくがある、けがをしてリハビリ中であるなどの理由でトレーニングが難しい人も使用することができます。

健康維持にも効果があるとされているため、体調がすぐれない人にもおすすめです。

美脚・美尻を目指す!EMSがセルライト改善にもおすすめ

美容 食べ物 食事

痩せてきれいになりたいと思ってダイエットをしても、脂肪がなかなか落ちないと悩む人は少なくありません。
日頃あまり動かさない部分は筋肉がつきにくく、脂肪が残ってしまうこともあります。

特に落としにくいのは、セルライトと呼ばれるものです。
セルライトとは、皮下脂肪組織に老廃物や脂肪が集まってできたもので、皮膚の表面はでこぼことしています。
太ももやお尻、お腹などにできやすく、いったんできてしまうとなかなか落とすことはできません

セルライトをそのままにしているとでこぼことして見た目が良くないだけでなく、血液やリンパの流れも阻害されると言われています。
それにより体の新陳代謝も阻害され、基礎代謝が落ちるという悪循環に陥ってしまうのです。

EMSは、セルライトを改善したい人にもおすすめできます。

EMSで脂肪をほぐせば血液やリンパの流れが改善し、それと同時にセルライトも解消されていくのです。
脂肪燃焼と同時に筋肉運動も行えるマシンなら、セルライトの除去効果はいっそう高まります。

太ももだけが気になる」「お尻を集中的にボディメイクしたい」という人も、気になる部分だけを集中的にアプローチして部分痩せを目指すことができます。

EMSをうまく取り入れて、すらりとした美脚やかっこいい上向きの美尻を手に入れましょう。

>EMSで本当に痩せる?痩せる原理とは

自宅用EMSマシンとエステ通いはどっちがいいの?

痩身エステ 選び方 効果

ボディメイクのためにEMSを取り入れようと思ったとき、選択肢は大きく分けて2つあります。

自宅で使用できる家庭用EMSマシンを購入するか、それともEMSマシンを導入しているエステに通うかのどちらかです。

家庭用EMSマシンのメリットは、自宅で手軽に使用できることです。
EMSの効果を十分に実感したいなら、継続して使用することが欠かせません。
寝ながら使用できるEMSはテレビを見ながらなど日常の動作に組み込むことができるため、継続しやすいでしょう。

通販などで購入できる手軽さも魅力の一つです。
人気の高まりを受けて家庭用EMSマシンもさまざまな種類が登場していて、ネット通販などで手軽に購入できます。
機能や特徴などにより値段はさまざまですが、数万~15万円ほどが相場です。

次に、エステに通ってEMSマシンを使用するメリットについて考えてみましょう。

エステに通うメリットは、運動の強度が高いことです。運動の強度は、電流の出力(mA)で表されます。
家庭用EMSマシンの出力は、安全に使用するために最大出力が抑えられています。
周波数が1500を超える場合の最大出力は40mAで、それほど高いものではありません。

一方、エステで使用されているEMSマシンは、さらに高い出力を出すことができます。
たとえば、最大出力電流が70mAのものなどが使用されているので、家庭用マシンよりも高い効果を期待できるのです。

別のメリットとして、エステのEMSマシンは家庭用よりも圧倒的に広い周波数に対応していることも挙げられます。
周波数により鍛えられる筋肉は異なるため、エステのEMSマシンならばより多くの筋肉にアプローチすることができるのです。

また、エステには経験を積んだ専門のスタッフがいるので安心です。
知識の豊富なプロのスタッフが丁寧にカウンセリングをして、それぞれの悩みに合わせて効果的なアプローチ方法を提案してくれます。

「どの筋肉を鍛えたら良いのか分からない」「鍛えたい筋肉に合う周波数が分からない」という人も、専門のスタッフに任せられます。

効果的にボディメイクしたいなら、出力が高くてより多くの筋肉にアプローチできる、エステ通いを検討してみましょう。

>家庭用EMSで本当に痩せる?その効果とデメリット

エステで導入されているEMS機器

EMS ダイエット 効果

エステ通いを検討するなら、エステサロンではどんなEMSマシンが導入されているかについても知っておきたいものです。

エステサロンにより違いはありますが、世界的に話題になっているものが「EMSインナーマッスル体幹」というマシンです。
これは日本製のもので、2015年にモナコで開催された世界肥満学会において発表されました。
効果が高いため、治療を目的として利用されているケースも多く見られます。

「ボディセラプロEMS」というマシンも安心の日本製です。
このマシンには、脂肪燃焼と筋肉運動ができるという特徴があります。
メタボリック対策をしたい人や、インナーマッスルに効果的にアプローチしたい人などにぴったりです。
セルライトを早く解消させるには、筋肉を運動させるだけでは不十分。
固まった脂肪細胞をほぐして燃焼させることが欠かせません。
ボディセラプロEMS」は脂肪燃焼とともに筋肉運動ができるため、セルライトを解消してきれいなボディ作りを目指せます。
筋肉を鍛えて基礎代謝を高めることができるため、太りにくい体を作ることができるとされています。

当「筋トレエステ銀座」では、この2つのEMSマシンを導入。

お客様のストレスレベルや生理周期に合わせて、効果的な入れ方・出力でEMSをお入れすることができます。

オーダーメイドの施術なので、効率的に結果を出すことが可能です。

体型のケアはもちろん、

「更年期や生理の問題も改善したい」

というかたに、EMSはぴったり!

ぜひ、お気軽にご相談ください。



● 参考URL

http://www.cavitation-slim.com/after/ems.html
https://amour.co.jp/about/
https://rakuyase-diet.jp/archives/10817#03
https://www.elecom.co.jp/pickup/column/healthcare_column/00001/
http://looks-jp.com/equipment/ems/
https://www.2017cgac.org/ems-kouka/
https://service.smt.docomo.ne.jp/r4d/web/noauth/blog/170504.html