銀座でEMS電気刺激で効果的な筋トレダイエット痩身エステならお任せください
理想の体型、美顔、美尻、バストを科学的医学的根拠で実現します
完全予約制営業時間 9:00〜23:00

EMSで本当に痩せる?ダイエット効果と痩せる原理

2019年8月2日
  • facebook
  • insta
  • twitter
  • LINE
エステ 痩せる

「EMSだけでは痩せない」
という口コミをネットなどでよく見かけます。

多くの痩身エステに導入され、ダイエット目的で家庭用にも普及しているEMS。
本当にダイエット効果はないのでしょうか?

結論をいうと、正しく取り入れれば運動するより効率的に痩せられます

この記事では、日本で最初のEMS専門エステ「筋トレエステ銀座」が、

・EMSで痩せる理由
・EMSで効果的に痩せる方法
・家庭用EMSとエステのメリットとデメリット

をお伝えします!

そもそもEMSとは……
EMSとは、Electrical Muscle Stimulationの略で「電気筋肉刺激」を意味します。
肌に貼り付け、電気刺激を筋肉に与え動かすことで、普通に運動するよりも効率的に筋肉トレーニングができる機器のことです。
EMSとは?効果や注意点

 

目次
1.EMSを使うと痩せる理由
2.EMSで効果的に痩せる方法
3.家庭用EMSでも痩せられる?
4.エステでEMSを使うメリットとデメリット
5.オーダーメイドだから効果が見える

 

EMSを使うと痩せる理由

EMS 痩せる

EMSは、正しく使えば運動をするよりも効率的に痩せることができます。

その理由は、インナーマッスルを効率よく鍛えられるから。
EMSの電気刺激は、筋トレでは鍛えることが難しい深層部の筋肉(=インナーマッスル)を狙って鍛えることが可能です。

ムキムキではなく、程よく引き締まった女性らしい身体つきを目指す人に、EMSはぴったり。

厳しい運動や食事制限をしなくても、リバウンドしにくい綺麗な体型を作ることができます

ここからは、EMSを使うメリットを詳しくご紹介しましょう!

◆基礎代謝が上がり脂肪燃料効果がアップ

ems 痩せる

基礎代謝とは、内臓を動かす、呼吸する、体温を維持するなど生きるために必要なエネルギーのこと。

筋肉を鍛えると基礎代謝が上がり、普通の生活をしているだけでエネルギーを消費しやすい体になります。
つまり、太りにくく痩せやすい体になるのです。

逆に筋肉の量が少ないと、太りやすく痩せにくい体になります。
年齢を重ねるにつれて痩せにくくなるのは、加齢により筋肉量が落ちて基礎代謝が下がるためです。

そのため、インナーマッスルを鍛え基礎代謝を維持することが理想の体型作りのために重要になります。

◆血流が促進されセルライト解消へ

EMS 痩せる

インナーマッスルには血液循環を助ける役割があるため、鍛えると血流が良くなります。

肌をボコボコさせる「セルライト」は、ストレスなどにより血流が悪くなり、皮下脂肪と老廃物が固まってしまったもの。
血流が悪いと冷えの原因にもなり、セルライトが悪化してしまうことも……。

EMSで安定した刺激を筋肉に与えれば、インナーマッスルを鍛えると当時に血流が良くなりセルライト対策ができます

◆骨盤が矯正されぽっこりお腹解消

EMS 痩せる

骨盤がゆがんでいると、腰回りにぜい肉がつきやすく内臓の位置もずれ、お腹が出やすい状態です。

EMSで骨盤周りの筋肉を鍛え、骨盤を正しい位置に矯正、内臓が正しい位置に戻れば、ぽっこりお腹を解消できます

骨盤が矯正されると体の歪みも取れて、猫背やそり腰も改善。
姿勢が良くなり細見えする効果も。

ダイエット以外では、冷え性やむくみ、肩こり、生理痛が改善するというメリットもあります。

EMSで効果的に痩せる方法

エステ 痩せる

EMSは体に負担なく理想の体型に近づけるのが魅力。
しかし、正しく使わないと効果は期待できません。

EMSで痩せるためには、

・全身の正しい場所にEMSを入れる
・継続して使う

この2点がポイント!

体の一部分、例えば腹筋だけにEMSを入れて「お腹が痩せる!」ということはまずありません。
横になった状態で全身にEMSを入れることで、体に負担なく痩身効果を実感することができます。

家庭用EMSでも痩せられる?

EMS 痩せる

「つけるだけで痩せる!」とうたった家庭用EMSが多く販売されていますが、基本的に家庭用EMSに痩身効果は期待できません

家庭用EMSはエステや整骨院にあるEMSとは違い、安全性を考慮して周波数が低いです。
そのため、インナーマッスルまで電気が届かない可能性があります(体質などによりインナーマッスルに届くこともありますが、個人差があり把握するのは難しいでしょう)。

当「筋トレエステ銀座」では、痩身目的で家庭用EMSを買うなら、フィットネスジムに通う方がコストパフォーマンスがいいと考えます。

ただ家庭用EMSは、肩こりの改善や疲労回復には効果を発揮するので、そのような目的で使うのはおすすめです!

家庭用EMSについて詳しく知りたい方は、こちらの記事をご覧ください。

>家庭用EMSで本当に痩せる?効果とデメリット、注意点を解説!

エステでEMSを使うメリットとデメリット

エステ 痩せる

痩せるためにEMSを使うなら、周波数の高いEMSをエステで全身に入れるのがおすすめです。
エステに導入されているEMSは、家庭用EMSよりも広範囲のインナーマッスルを鍛えることができます。

また、エステに通うメリットはそれだけではありません。

カウンセリングを通して自分が太っている原因を知れたり、食事など生活習慣のアドバイスを受けられたりと、ただ痩せるのではなく美しくなるための方法を知ることができるのです。

ただし、エステに通うデメリットもあります。

EMS 痩せる

デメリットとは、以上の2つです。

・エステによって受けられるサービスやEMSマシンのグレードが違う
・コストがかかる

検討しているエステがある場合は、どのようなEMSが導入されているのか確認してみるといいでしょう。

また、エステに通うとなればコストがかかります。
経済的に無理のない範囲で、自分の目的が達成できるエステを見極めることが重要です。

オーダーメイドだから効果が見える

腰回り ダイエット 寝ながら

当「筋トレエステ銀座」は、完全オーダーメイド制の痩身エステです。

お客様の体質や性格タイプ、ストレス状況、生理周期などに合わせて、効果的なEMSを組み合わせた独自のプログラムをご提案。

あなたに合わせたプログラムだから、効果が出やすいのです。

経済的に通うのが難しい場合でも、ご予算に合わせて無理のないプランをご提案しています。

ウェブ限定のお得な体験コースもご用意しておりますので、お気軽にご予約・お問い合わせくださいませ。

>ご不明点はこちらにお問い合わせください

▼ご予約はこちらから

【記事のまとめ】

・EMSは、運動では鍛えるのが難しいインナーマッスルを効果的に鍛えることができるため、痩せることができる
・家庭用EMSで痩せるのは難しい
・EMSで痩せるためには「全身にEMSを入れること」と「継続すること」が重要